筆記試験対策 転職攻略法

【筆記試験の攻略】転職者向けの筆記試験の定番「SPI3/SPI-G(WEBテスティングサービス)」を一発で見抜く方法

ごん(@career_gon)です。

中途採用で使われている筆記試験の種類はさまざまです。その中でも、業界や業種を問わず人気なのが「SPI」です。

そのSPIのWEBテストとして開発された「WEBテスティングサービス」は大手企業を中心に多く採用されており、これから転職活動を始めようと考えている人が必ず押さえておきたい筆記試験の一つです。

この記事では、これから受ける筆記試験がSPIであるか、つまりWEBテスティングサービスあるかどうかを一発で見抜く方法を解説しています。

この記事から分かること

  • SPIやWEBテスティングサービスの基本をおさえることができる
  • これから受ける筆記試験がSPI(WEBテスティングサービス)であることが分かるようになる
  • WEBテスティングサービスであった時のルールや注意点を知ることができる

それでは、いきましょう!

WEBテスティングサービスの手ほどき

まず、WEBテスティングサービスの基本を知っておきましょう。

SPIについて知る

WEBテスティングサービスというのは、SPIのWEBテストにあたるものです

まずは、そのSPIがどのような試験なのかを知っておきましょう。

学生時代に就活を経験したことがある人ならば、一度は何処かの会社の選考で受けたことがあると思います。それくらいよく使われる試験です。

SPIとは

SPIは人材大手のリクルートマネジメントソリューソンズが企業向けに販売をしている筆記試験のパッケージのことを指します。

だから、SPI=筆記試験全般を指す言葉ではなく、特定の試験のことを指して言います。

基本的にSPIのメインターゲットは就活中の新卒者ですが、SPIのなかでも種類がいくつかあり、転職を希望する転職者をターゲットにした試験もあります。

SPIの構成を知る

SPIのことが分かったならば、次に試験の構成について知っておきましょう。ここは新卒向けも、中途採用向けも差がありません。

SPIは、国語・算数などの能力を測る「基礎能力適性検査」と、性格の特性を測る「性格適性検査」で構成されています。

このうち「基礎能力適性検査」言語問題非言語問題に分かれています。

言語問題は、基礎的な語彙力や文章の読解力が求められ、「二語の関係」、「語句用法」「長文読解」などのジャンルから出題されます。非言語問題は、基礎的な計算能力、論理的思考が求められ、「比率」「図表読み取り」「確率」「推論」などのジャンルから出題されます。

https://job.career-tasu.jp/2019/guide/exam/point/step02.html

上記で紹介されるように、SPIは「基礎能力適性検査(言語と非言語)」と「性格適性検査」の2種類の試験から構成されています。

従って、そのWEBテスト版であるWEBテスティングサービスも同様に「基礎能力適性検査」と「性格適性検査」から構成されています

基礎能力適性検査の結果を見て、候補者の基礎学力がどの程度のものか、性格適性検査の結果を見て、募集している求人への適性があるか、や社風にマッチする人物であるかを探ろうとしています。

ターゲットごとに種類が分れている

SPIでは、どの対象者をターゲットにしているかで出題範囲が異なります。

より詳細には、次の4つの試験が存在しており、それぞれの目的に合った問題が出題されます。

  • 転職者向けのSPI:SPI-G
  • 新卒者向けのSPI:SPI-U
  • 高卒者向けのSPI:SPI-H
  • 英語検査のSPI:ENG

ここで、転職の場合には「SPI-G」が使われます。

新卒者向け(SPI-U)との差は出題範囲

新卒者向けのSPI-Uと転職希望者が受けるSPI-Gでは、基礎能力適性検査の出題範囲に差があります。

出題範囲以外には違いはなく、出題形式も同じです。就活の時に一度でも受験したことがある人にとっては見慣れたインターフェースになっていて、特に抵抗はないと思います。

転職者向けの「SPI-G」は、新卒者向けの「SPI-U」の出題範囲に加えて、非言語の「縮尺」と「方角」が追加されます。従って、出題範囲が少し広くなっている分、「やや難しくなっている」と言えます。

しかし、そこまで大きな差ではないので試験自体に怯える必要はありません。非言語というのは、中学校や高校1年生レベルの数理処理の試験です。問題自体は簡単なので、解法に慣れれば高得点も狙えます。数学が苦手という人でも大丈夫です。後ほど、対策方法について解説します。

WEBテスティングサービスの見抜き方

企業から案内を受けた筆記試験がWEBテスティングサービスであるかどうかを一発で調べる方法について解説します。

見抜き方は簡単である

もしも、案内された筆記試験がWEBテスティングサービス以外であった場合、その別の筆記試験に合った対策をしなければなりません。筆記試験対策は敵を把握してからがスタートです。

これから受けようとしている筆記試験がWEBテスティングサービスであるかどうかの確認は簡単です。

筆記試験を見抜くポイント

「arourua」の文字列があるかどうか

試験案内が届いたメール本文にあるリンク先URLに「arorua.net」の文字列が含まれていたならば、これから受ける筆記試験は「WEBテスティングサービス」であることを示しています。

実際のメール本文で確認してみる

僕が過去の転職活動で受け取った筆記試験の案内メールの本文を見てください。

メールが届いたら、本文のリンク先のURLに注目です。

以下に、私が受け取ったメール本文を引用します(※2015年当時に受信したメールです)。

◆あなたのIDはXXXXXXXXです。

◆下記URLhttp://arorua.net~(試験を受験するためのURL)

※URLをクリックしても正しく表示されない場合は、URLをコピーし、
ブラウザのアドレスバーにはりつけてください。

◆受検可能期間

XXXX年X月X日 X時XX分 ~ XXXX年X月X日 23時59分

◆検査の所要時間は約65分です。

※事前の環境確認の時間は含まれておりません。

時間に余裕をもって受検いただくことをお勧めいたします。

(過去に受け取ったメール本文)

確かにarorua.netとありました。だから、この筆記試験はWEBテスティングサービスで間違いありません。それが無い場合は別の筆記試験の可能性があります。

WEBテスティングサービスの受験におけるルール

受験可能期間に注意

メール本文にも書かれていたようにWEBテスティングサービスは「受験可能期間」が設定されています

試験対策では、受験可能期間にはくれぐれも注意してください。

仕事が忙しくて、気付いた時には受験可能期間を過ぎていた場合は「アウト」です。受験資格を失い、取り返しのつかない事態になります。

受験可能期間は長めに取られているので焦る必要はありません。落ち着いて対策していきましょう。

受験できるのは一回限り

WEBテスティングサービスの本番の受験可能回数は一回限りです。

WEBテスティングサービスでは、出題される問題は試験の度に毎回異なります。苦手な問題ばかり出題されたからとしても、もう一度再挑戦は出来ません。

一度試験を始めたら最後までやり抜くしかありません

通信エラーは自己責任

WEBテスティングサービスは自宅で気軽に受けられます。それゆえ、ハードウェアやネットワークの通信エラーなどのトラブルはすべて自己責任です

このWEBテスティングサービスは短時間に、かなり多くの問題が出題されるため、普通の人の場合には時間が足りず、時間との戦いとなると思います。

動作環境が悪い場合、画面のロードに時間がかかることや、試験中に画面がフリーズしてしまうなどのトラブルも想定されます。そうなったら目も当てられません。

自宅のPCが不調で使いづらく、インターネット環境に不安があるようなら、近くのWi-Fiスペースなど、落ち着いて受験できる場所を選ぶようにしましょう。

必要なもの

企業からWEBテスティングサービスの案内が届くと以下の3点が必要な準備物として記載されています 。

◆受験に必要な準備物(能力検査受験の場合のみ)

  • 電卓
  • 筆記用具
  • メモできるもの

非言語の試験は、計算に電卓を使うことができます。

実際に、試験本番で使う電卓は普段から使い慣れたものが良いです。

スマホでの計算に慣れている人はスマホでも構いません。

試験を始める前には、電卓、メモ、ボールペンを忘れずに用意して下さい。

筆記試験情報の入手ルート

転職活動において各企業の筆記試験情報はほとんど出回っていません

新卒の場合、そもそも受けている人数も多いため、情報が出回りやすいです。そのため、ちょっと調べるだけでも情報が入手出来ます。しかし、情報が少ない転職では厳しいでしょう。

過去のその企業の選考について情報を知りたい人は、転職活動で転職エージェントを使うことが効果的です。

転職エージェントは、求人に関する情報はもちろん、それ以外にも過去に応募者が受けた選考データなどの情報も保有しています。各企業で過去に「どのような筆記試験が実施されていたか」、また「合格基準はどうだったか」など普通では手に入らない貴重な情報も入手できると思います。

最後に

いかがでしたか。

マイナビの調査によれば、転職活動で1人が応募する企業数は平均して8.4社になるそうです。

応募したどの企業で、どの試験が行われているのかは実際に受けてみなければ分かりません。新卒とは違い、母集団が少ない転職者向けの情報は限られています。極端なことを言えば、8社受けたならば8種類の試験を受けることになるかもしれません。

この記事で紹介した「WEBテスティングサービス」は数ある筆記試験のうちの1つに過ぎませんが、メジャーな試験に変わりはありません。

是非、この記事を参考に自信を持って試験に臨んでください!

  • この記事を書いた人

ごん

普段は大手製薬会社で新薬開発に従事しています。
順風満帆なキャリアではなく、今の仕事に辿り着くまでに4回の転職を経験しました。現在の会社は5社目です。
就活に失敗しても、転職に失敗しても這い上がってきました。
ブレない軸と行動力で転職によって人生を変えられます。

このブログは、就活・転職の失敗と成功から学んだキャリア実現方法や転職攻略法を独自の視点で綴っています。 夢や憧れを生業にする喜びを一人でも多くの人に知ってもらいたい!諦めず、一緒に頑張りましょう!

-筆記試験対策, 転職攻略法
-, , ,