転職Q&A

【リベンジ転職】選考で一度不合格になった企業への再応募!結果は?再応募には〇年の経験が必要だった

ごん(@career_gon)です。

企業の選考へ参加するための最初のステップが求人への応募です。

しかし、残念なことに応募した企業すべてから面接へ呼ばれることなく、まず書類選考で合否判定があります。次の面接でも同様に合否判定がされて、合格すると内定となります。

この一連の流れの中で書類選考や面接で、もしも不合格になってしまった場合、それも受けていた企業が第一志望でどうしても、どうしても行きたい場合はめげずに再応募したくなりますよね。

今回は、どうしても行きたい企業の選考に不合格した場合、「再応募」が可能かどうかについて、私の経験をもとに解説したいと思います。

再応募は可能である

まず、結論をいうと、どちらの場合も基本的には「可能」です。

考えなければならない問題は2つあります。1つ目の問題は再応募する時期による影響、もう1つがどの段階で不合格になったかで取る戦略が異なるという点です。

順番に解説してきます。

再応募に適した時期は?

不合格となった直後は難しい

これは説明不要でしょう。

さすがに不合格になった直後に再応募して、「もう1度チャンスをください!」と同じ求人へ応募しても合格することはあり得ません。

それどころか、その往生際の悪さから逆に評価を落とし、常識を疑われ、自ら再応募のチャンスを失う危険性もあるので絶対にやらないことをおすすめします。

不合格となった直後に応募しても合格しないのは、不合格理由が解消していないからであって、その段階で再選考しても合格になる理由が見つかりません。

ただし、選考結果次第ですが、別の職種の求人へ変更することもないわけではありません。

私の周りでも、別の求人へ切り替えたことで転職に成功した人がいます。応募する求人を変更した場合、面接官など選考に関わる人たちも変更になるので、評価が一度リセットされてチャンスを得ることもできます。

しかし、この場合、メリットがあるように思えますが、直近に同じ企業で別の職種の選考へ参加していた事実は残るので、転職理由などのロジックを再構築する必要はあることに注意してください。

数年後に経験を積んで再応募

私は過去に1度だけ面接で不合格になった企業の選考に、同じ求人で、ちょうど2年後に再応募したことがあります。私は再応募でも面接で不合格となってしまいました。

結果はともかく、何故、私は不合格になった企業の選考を再び受けて書類選考を通過できたのか?

私は、この背景には2つのことがあると思います。

自分自身が成長した

転職エージェントのキャリアコンサルタントと話していて、よく耳にしたのが「再応募する場合、目安として3年は空けて欲しい」ということです。

3年はあくまでも目安なので、こだわる必要はありません。不合格理由によりますが、年単位で経験を積んでおけば、不合格した当時の自分より成長している可能性が高く、再応募でも通常と同じように選考へ参加できることがあります。

企業によっては、応募履歴を残しているところもあるかもしれませんが、個人情報保護の観点から当時の応募書類は破棄されているでしょうから、当時のことを特に振り返る必要もなく「成長した自分を見てくれ!」と堂々とした態度で臨んでください。

企業の事業状況が変わった

この記事の最後により詳しく書いていますが、年単位の時間が過ぎれば、企業の内部も状況は変わります。

例えば、不合格した当時と比べて、企業内部が業務過多状態なのであれば、新規採用に力を入れるでしょう。すぐにでも人が欲しいような場合は、当時の採用基準よりもゆるくなっておりチャンスが広がっているかもしれません。その状況であれば、過去の応募履歴に関係なく、一定の基準をクリアすれば書類選考も通過し、面接へ呼ばれる可能性が高くなります。

このように私のケースでは2つが重なり、2年という短い期間で再びチャンスを得ることができました。

合格の条件は不合格理由が解消された

私の場合、残念ながら、この企業には振り向いてもらえませんでした。

不合格理由を企業は教えないので、何が原因だったか正確なことは言えませんが、1回目に応募した時の不合格理由が2年経っても解消されていなかったということでしょう

さらに、2年が経過しているということは、2歳分の歳を取ったということですから当時と同じ採用基準ではなく、より厳しく見られた可能性があります。

一方、不合格理由が解消されていたならば、私はその企業で今頃働いていた可能性もあるでしょう。

いつの段階で不合格となったかで取るべき戦略が違う

再応募する場合、書類選考で不合格となったのか、一次面接や最終面接で不合格となったのかと大きく分けて2パターンに分類できます。

書類選考で不合格になるパターン

書類選考で不合格となる場合、残念ながら企業が求めている経験・スキルと自分自身のそれが合っていないか、求めるレベルに達していないという可能性が高いです。

経験・スキルが合っていない場合は、再応募するためには、別の企業で経験を積むのが手っ取り早いです。そして、また数年後にキャリアアップとして求人へ応募すれば、当時とは全く違う自分で評価してくれます。

求めるレベルに達していない場合も、基本的には同じです。今の仕事で経験を鍛え、数年後に再応募することはできます。しかし、今の企業で、もし経験を鍛えることについて限界があるようならば、別の企業でステップアップすることも検討していいと思います。

いずれにせよ、書類選考で不合格となる場合、マッチング不成立ということですから、再応募するためには相当な覚悟と努力が必要だと思います。

ただ何も考えずに数年経ってから再応募しても、また書類選考で不合格となるでしょう。

面接で不合格になるパターン

面接は本番一発勝負です。

この面接で不合格になった場合ですが、職務経歴書に基づいた書類選考は通過しているということですから、その時点において経験・スキルは求めるレベルを満たしていると考えることができます。

面接で不合格となった場合も数年は今の会社で経験を積んで、時期を見て求人が出されていれば再応募して問題ないと思います。次も書類選考は合格する可能性が高いです。

再応募を考える時期の目安としては、自分のキャリアの中でより大きな経験ができた時や、転職後にも活かせそうな実績を積めた時、さらなるスキルアップが出来た時が再応募のタイミングになるでしょうか。

自分のキャリアに自信がないうちは、応募しても同じ結果になると思いますが、経験を積んで自信がついたのであれば、次はうまくいく可能性が高いです。

「あの頃は○○ができなかったけど、今は△△ができるまでに成長した。だから、次はうまくいく。」くらいの自信を持ちましょう。

企業の内部も人事異動等で変化しており、当時の面接官はもういない場合もあります。面接官が変われば評価も異なることでしょうから、行きたい企業であれば再応募してみる価値はあります。

何にでも例外はある

企業を取り巻く環境は、特にコロナ禍の今は短期間でも目まぐるしく変わっています。国内の経済動向や国際情勢によって日々影響を受ける企業も珍しくなく、短期間で業績不振となって赤字転落なんてことも起きています。

しかし、ネガティブなことばかりでなく、新しくサービスを始めた、新商品を出して売上が伸びているなど、業務過多で猫の手も借りたいくらいに積極的に人員補充をしているところもあります。

このような状況であれば、過去の応募履歴に関係なく採用を検討してくれるかもしれませんし、再応募とかいう話ではなく、そういう企業というのは採用基準が下がりますから、狙い目になります。

転職でも一度入社してしまえば同じです。景気が良い企業は年収も上がる可能性もあるので一石二鳥かもしれません。

最後に

いかがでしたか。

転職において「再応募」すること悪いことではありません。

大事なポイントは、いくら熱意があっても、肝心な経験・スキルが磨けていないと再応募しても状況は変わらないということです。

一度不合格になったくらいでへこたれず、本当に行きたい企業であるならば、「あの時に自分を採用しなかったことを後悔させてやる!」というほどの気概を持って、今の仕事へ打ち込んでいれば道は開けていくと思います。

-転職Q&A