オンライン面接を突破するための準備と心構え




新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに企業の採用活動はこれから変化していくと思います。

感染予防の観点からZOOM、WebEX、Go to Meeting、スカイプなどのWEB会議システムを使ったオンライン面接(WEB面接)が今後は広がり、一次面接など選考の初期段階では浸透していくのではないかと予想されます。

これから転職活動を行う人は従来の対面の面接以外にも「オンライン面接」への対応が求められます。

僕自身、過去の転職活動の中で何度かオンライン面接を経験しました。対面の面接にはないオンラインならではの特性があり、その時の経験も踏まえてオンライン面接への心構えを記事にまとめました。

参考にしてください。

基本的姿勢

オンライン面接であっても大事な面接であり、選考です。

また、この面接結果で合格か、不合格かの判定が行われることを忘れてはいけません。

「対面だったら別の結果になっていた」と言い訳もできません。一発勝負です。通常の面接を受けている時と同じ姿勢で面接には臨む必要があります。

オンライン面接が決まったら

普段から業務でWEB会議を使用する人にとっては何ら難しいことはありませんが、WEB会議に慣れていない人にはオンライン面接と聞くだけで不安だと思います。

必要な準備についてまとめました。

PC

オンライン面接へ参加するにはPCが必要です。

企業が使用するシステムによってはスマホでの接続も可能です。スマホで参加する場合はなるべく手で持つのではなく何処かに固定できるよう工夫します。また、スマホで接続する場合は企業側へ一言確認を入れておく方が丁寧だと思います。

マイク

相手に音声を伝えるためにマイクが必要です。なければ購入する必要があり前もって準備しておきます。

PCに内蔵されているマイクでも構いませんが、性能を考えれば外付けマイクがおすすめです。よくあるトラブルとして内蔵のマイクを使用する時はPCでの設定がオフになっていて設定を変えないと使えない時があります。面接開始までに接続確認をしておきます。

ウェブカメラ

面接なので顔出しは必須です。顔出しをするということはカメラを準備しなければなりません。ほとんどのノート型PCにはカメラが内蔵されていると思いますが、マイク同様に性能を考えると外付けがおすすめです。

インターネット環境

オンライン面接を受ける時は基本的に自宅で、インターネット環境が整った静かな場所であるべきです。自宅にインターネット環境がなければWi-Fiスポットなどから接続をしなければなりません。

また、回線が不安定になると面接中に音声が途切れたり、相手の音声が聞こえなかったりし、面接にならないことがあるので注意が必要です。

服装

オンライン面接であっても服装は気が抜けません。どうせカメラに映っていないからと油断せず、対面の面接と同じように準備をします。

オンライン面接本番における心構え

とにかく余裕を持つ

オンライン面接は心に余裕を持つことが大切です。

企業へ出向くことがないので、自宅などリラックスできる場所で面接を受けることができます。対面の面接と違って緊張感を持ちにくく、余裕は生まれやすいです。

面接の開始時間や詳細な接続方法などは企業から事前に案内があるはずですから、決められた時間からスムーズに面接が開始できるように余裕を持って準備します。

また、オンライン面接では予期せぬ通信トラブルに巻き込まれることがあります。企業側の問題もありますが、トラブルも想定し、万一の時には冷静に対処したいです。

表情や所作が伝わりづらい

対面の面接と違って、マイクとカメラを通じて会話をすることになるので面接中は表情や所作が相手に伝わりづらいです。

画面越しに伝わるため面接を受ける側が意図してなくても仏頂面に見えてしまったり、元気がなく暗く見えたりと少しのことで印象を悪くしてしまうことがあります。

対面ならば相手の目を見て話すことが基本ですが、オンライン面接の場合は画面ではなく、カメラを見ながら話すようにします。カメラの性能や位置も影響するので、事前に接続テストなどができると良いと思います。

相手の反応が見えない

オンライン面接中は、面接官の表情や所作が分かりづらく、相手の反応を見て会話をすることがうまくできません。

対面の面接では相手の反応がよく分かるのでその場の空気感や雰囲気を察知し、咄嗟に話す内容や長さを調整することができますが、オンライン面接では難しくなります。

オンライン面接の特性を知り、普段よりもなるべく簡潔に答えるように心がけます。面接で伝えたいことは要点をメモし、壁などに貼り付けてカンペとすることも可能です。

まとめ

オンライン面接について書きました。

僕が勤める会社でも人事部を含め在宅勤務・テレワークが推奨されていて、面接官の予定を合わせることも難しい状況です。企業もウイルスが社内へ持ち込まれるリスクを避けたいはずなので、面接の為に候補者を公共交通機関で自社まで足を運んでもらい、密室でお互いが顔を合わせて一時間程度も面接をするという状況はなるべく避けたいと考えるはずです。

通常の対面の面接にはないオンラインならではの特性を知り、それに合わせて対策が取れれば面接も突破できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です