Pick up! 転職攻略法 面接対策

最終面接対策の落とし穴!ただの意思確認ではない面接を突破する3つのポイント

ごん(@career_gon)です。

一次面接を突破したら、次がいよいよ最終面接です。そして、その先にあるものが希望する企業からの内定です。

最終面接が転職活動における最後の難関になるでしょう。

よく最終面接は「意思確認だけ」と勘違いしている人がいますが、それは間違った認識です。

私は過去の転職で最終面接で不合格となりました。その時は、1次面接で評価が高く、もう内定も取れたも同然と思っていたのです。

だから、私は「最終面接こそ、これ以上何をすればいいの?と言うくらいに対策をして!」と声を大にして言いたいです。

今回の記事では、そんな最後の難関である最終面接について、どのような対策を行い、本番ではどのように振る舞うべきかを解説します。

最終面接と1次面接の違いを知る

まず、最終面接と1次面接の違いを解説したいと思います。

面接官が違う

まず、参加する面接官に違いがあります。

1次面接と最終面接の大きな違いを言い表すと、「人事権(採用決定権)を持っている人が参加しているか、していないか」の違いです。もちろん人事権を持っている人は配属予定先の役員(本部長クラス)になり、最終面接の面接官です。

逆に、1次面接では人事担当者配属予定先の責任者(部長クラス)がメインです。他に、直属の上司(課長クラス)も面接に加わることがありますが、人事権を持った人は参加しません。

1次面接の評価がどれほど高くても、その結果だけでは採用とはなりません。最終面接の結果次第では、不採用になることも十分あり得ます

最終面接では、他に人事責任者(人事部長)が入ることがあります。その理由としては、入社時の年収や職位・役職を決めるためです。

見ているポイントが違います

この2つの面接は見ているポイントも違います。

1次面接では、提出した職務経歴書に沿って、これまでの職務経験を掘り下げて確認していくイメージです。候補者が自分たちが求めるスキルや能力を持っていて、即戦力として現場で活躍してくれそうか、既存社員とうまくやれそうかを確認します。

一方、最終面接はどうでしょうか。

そもそも最終面接に進むことができる候補者は、既に1次面接で一定の評価を得た人たちです。そのため、基本的なスキルや能力はあるものとみなされます。だから、それらを根掘り葉掘り聞かれることは少ないと考えておいてください。

最終面接では、その候補者を採用したことによるメリットについて確認をしていくイメージです。

「求めている成果を出せるか?」「社風にマッチして長く業績へ貢献してくれるか?」と、より経営者目線で採否が判断されます

繰り返しますが、スキルや能力は1次面接で確認が終わっています。配属予定先からは「受け入れOK」という返事を受けている状態で最終面接が行われます。

最終面接に次はない

企業から見て、最終面接は切迫度が違います。つまり、最終面接に「次はない」ということです。

企業としても最終面接の結果をもとに採用か、不採用かのいずれかを決めなければならないのです。

その点、1次面接の面接官は気持ちにゆとりがあります。もし、合否ライン上の候補者がいたら「次がある」からと最終面接で確認してもらうという手が使えます。

それが出来ない最終面接では、面接官に不安を与えたり、懸念を持たれてしまえば「一発アウト」の可能性が高まります。

不安や懸念について、許容し、一度入社させてみて確認することもできますがリスクが高いです。そのようなリスクは取りません。

これが最終面接を甘く見てはいけない理由になります。

私が最終面接で不合格になった理由

過去に私が受けた最終面接で、残念ながら不合格になってしまった時の理由をお伝えしたいと思います(もう時効ですから)。

質問に対しての回答の明確さなどが、どうしても気になってしまい、そこで感じた不安を面接の中の他の部分で払拭することができなかったためとの理由でございました。

過去に私が受けた某企業の最終面接での不合格理由より

この時は、1次面接の評価が高くて「是非、一緒に働きたい!」と強く言われていました。当時まだ29歳で未熟だったため、合格したも同然と考え、最終面接を気楽な気持ちで受けました。

結果として、先ほど紹介したように、最終面接での言動が面接官に不安を与えてしまったことで、お見送りとなりました

結局、面接というのは、これまでの仕事での経験を使って、新しい職場でもそれらを再現できることを証明しなければいけません。だから、私のように回答が明確でなければ、普段の仕事でも「きっと同じであろう」という仮説が立ってしまい、それが自分の評価や実力となってしまいます

残念ですが、面接時間外にどれだけアピールし、それを払拭しようとしても、面接時間に立てられた仮説を棄却できず、当然のように結果も覆りません

最終面接を突破するための3つのポイント

最終面接を突破するための3つのポイントです。

本番までにどのような面接対策を講じれば、面接を突破し、合格をたぐり寄せられるのでしょうか?ポイントは次の3つだと考えています。

  • スキルや経験の問題ではない
  • ミスマッチを見破れない
  • 転職理由から志望動機、自己PRに軸を持たせる

それでは、順番に解説していきます。

スキルや経験の問題ではない

最終面接まで来たならば、スキルや経験の問題ではありません

そのマッチングは基本的に1次面接で確認が終わっています。1次面接の時と話す内容が違っても構いませんが、話の筋は変えないことが原則です。

何も心配する必要はありません。何故ならば、伝え方や話し方も含めて、一定の評価が得られているから最終面接に進んでいます。

そこは自信を持って下さい。PDCAを回して、改善を図ることは大切ですが、最終面接では一次面接を再現させることを優先して考えてください

大事なことは選考を通じてアピールの一貫性です。同じことを伝えても評価を落とすことはありません。

ミスマッチを見破られない

転職したい私たちが最終面接へ参加したということは、客観的に見てどういう状況でしょうか。

それは、その企業が募集している仕事をやり抜く覚悟があるということでしょう。その理由としては、もしも一次面接で「思った仕事と違う」と考えているならば、最終面接前に辞退することもできるはずです。

当然、企業もその覚悟があるものと考えます。それにも関わらず、他の仕事へ興味があったりやりたい仕事に未練があることを相手に気づかれてしまったならば、「ミスマッチ」と判断されて、不合格となっても不思議ではありません

だからこそ、そう思われないように、内定後に別の企業と比較したいという本音があったとしても、面接中だけはその覚悟があるという意思を示すことが絶対に必要です。

転職理由から志望動機、自己PRに軸を持たせる

転職活動の基本はというと、「転職理由」です。それは最終面接でも変わりません。必ず聞かれる質問だと思います。

また、転職理由については当然1次面接でも聞かれているはずです。先ほどもお伝えしたように1次面接は経験面が合致しているかどうかの確認が重要な目的でした。だから、転職理由で少しくらい躓いたり、論理性を欠いた説明になっていたとしても他で評価を受ければ通過することもあります

ただし、最終面接でそれをしてしまうと採用を見送られる可能性が上がります。本音を隠し、建前だけで乗り切ろうとする甘い考えも、最終面接の面接官の前では簡単に論破されます。かといって、一次面接と転職理由を変えるのも一貫性が無いとなるので、よくはないでしょう。

だからこそ、最終面接の対策では1次面接での転職理由の伝え方を振り返り、その伝え方を工夫するしかありません

そして、自分のなかで転職理由、志望動機、自己PRをつなげて考え、ブレない軸を持たせることで、どのような質問が来たとしても、軸に沿ってブレることなく答えることができます。面接前はこの軸について、とにかく磨き上げることに集中して欲しいと思います。

最後に

いかがでしたか。

今回は最終面接の攻略法について紹介しました。

特に、最後の転職理由は検証を重ねていき、必要があれば、もう一度伝え方を練り直すべきです。

私の知り合いで、最終面接の1時間が転職理由の確認に終わったという人がいました。相手に質問のスキを与えたら駄目なのです。

転職理由を甘く見ないように、しっかりとした対策をして臨んで頂ければ通過できると思います。

-Pick up!, 転職攻略法, 面接対策
-, , ,