転職エージェント 転職攻略法

転職エージェント選びはコンサルタントで決める!自分に合ったコンサルタントを選ぶコツ

ごん(@career_gon)です。

今の仕事を続けながら転職を成功させるには、やはり自分ひとりの力だけでは限界があります。

そんな時こそ、頼りなる存在が転職エージェントのコンサルタントと呼ばれる人たちです。

今回の記事では、私のこれまでの転職経験を踏まえ、転職を絶対に成功させたい人のための転職エージェントの選び方について解説したいと思います。

参考になれば幸いです。

転職エージェントについて

まず、転職エージェントについては別の記事で詳しく解説していますので、「よく分からない!」という人はそちらもご確認ください。

>>【入門編】転職エージェントとは?はじめて転職活動をする人にも仕組みを分かりやすく解説!

自分に合った転職エージェントの選び方

転職エージェントは何で選ぶ?

転職活動を始めたならば、その準備の段階で自分に合った転職エージェント(ここでは会社の意味)を探し始めましょう。

リクルートエージェントやdodaなど、大手をしらみつぶしに登録しても良いですが、大手が自分に合っているとは限りません

転職エージェントは中小まで含めると星の数ほどあります。その中から自分に合った転職エージェントを選ぶというのは簡単なことではありません。また、転職エージェントはどこも同じであるかのように見えますが、各社で特徴も違います

だからこそ、よく理解してから登録し、利用したいものです。

転職エージェントを転職目的で選ぶ

例えば、転職エージェントは次のように分類できます。

  • 業界に偏りなく幅広い企業の求人を取り扱う:万能型の転職エージェント(特に大手に多い)
  • 特定の業界だけをターゲットとしている:専門型の転職エージェント(IT専門、ベンチャー専門など)
  • 特定の年齢層や年収層に絞っている:限定型の転職エージェント(第二新卒、ハイキャリアなど)

このように自分の転職目的に合わせて、転職エージェントを使い分けることはある程度は可能です。

それでも、実際に登録し、コンサルタントとのキャリア面談や、求人の紹介を受けてみないことには自分に合っているかどうかの判断は難しいです。

各社がそれぞれが特色を謳ってサービスについて訴求しています。会社ホームページやブログにある体験談を読んでみて、気になった転職エージェントがあれば、まずは登録してキャリア面談から受けてみましょう。

転職エージェントは複数同時利用が基本

転職エージェントは特定の1社に絞る必要はなく、複数の転職エージェントを同時に利用しても構いません。

実際、転職に成功した人のほとんどが、様々な特色を持つ転職エージェントを数社組み合わせて利用しています。

単純に利用する転職エージェントが多ければ多いほど、それだけ沢山の求人を受けられるからキャリアの選択が広がるというのは正しくありません。企業からの求人は、特定の転職エージェントだけにあるということは少なく、どこの転職エージェントでも紹介可能なことがほとんどです。

だから、3社くらいまでに絞っても全く問題ありません。

自分に合った転職エージェントを3社くらい見つけられれば、それぞれの強み・弱みを相互に補完できるようになるため、バランスが良くなると思います。

転職エージェントはコンサルタントで選ぶ!

私が転職エージェントを選ぶ時は、「コンサルタントで選ぶ」ということをしています。

実を言うと、担当コンサルタントが誰であるかどうかは、どの転職エージェント(会社の意味)を選ぶかと同じくらい、もしくはそれ以上に重要です。

コンサルタントの正体

転職エージェントのコンサルタントの正体というと「営業職」です。

私たちが転職エージェントを無料で利用できるのも、ビジネスモデルを考えれば明らかです。それは、人材を探している企業側がお金を出しているから他なりません。

コンサルタントのもう一つの顔は、企業の人材における問題や課題に対して解決策を提案することです。それで、人材を紹介し、その人が内定し、入社をすることで高い報酬を得るのです。

逆に言うと、コンサルタントを信じて、そのペースで転職活動を進められてしまってはいけません。頼ることは良いことですが、希望しない求人へ応募させられるリスクがあります。そして、内定後は言葉巧みに説得され、妥協して入社を決めてしまうという不幸が待っています

コンサルタントならば誰でも同じではない

どこの転職エージェントにも、優秀なコンサルタントもいれば、イマイチなコンサルタントもいてピンキリです

やはり優秀なコンサルタントに当たると、自分の希望に合った求人を紹介してくれます。また、レスポンスも早く、サポートも的確で、企業との交渉もよくしてくれます。

結局、コンサルタントというのは所属する転職エージェントの仕組みやシステム、またノウハウを駆使して、私たちの転職活動をサポートしますので、それをどのように使うか?は各人の経験や能力に依存するということなのです。

また、求人情報を出している企業の人事部門とどのくらいの付き合いがあって、膝を突き合せて話せる関係かどうかもそれぞれの力量や能力に依存するので、求人に対する情報量という点ではコンサルタントごとに差が出るところです。

ただ、難しいことは優秀だからといって、必ずしも自分に合うとは限りません。周囲の評価がいくら高くても自分とは馬が合わないこともあります。

コンサルタントの変更は可能

コンサルタントを決めるのは転職エージェントです。登録した時の個人情報をもとに担当するコンサルタントが決まります。

つまり、誰に当たるかは運と言えます。

しかし、担当のコンサルタントが合わないと感じたときは、担当者変更を申し出ることで変更できます。

コンサルタントとの相性が転職の成功を左右すると言っても過言ではないですから、馬が合わないと感じたならば我慢する必要はありません。私たちにとっては一世一代の転職です。そこで妥協する必要はありません。

ただし、転職エージェントのなかには、専属制ではなく、企業ごとに担当のコンサルタントを置いているところもあるので、その場合の変更は難しいです。

担当コンサルタントを選ぶ時の3つのポイント

次のような担当コンサルタントに当たってしまった場合は担当者変更を申し出てもいいかもしれません。

自分の成績のことしか考えない

繰り返しになりますが、転職エージェントのコンサルタントの本質は営業職です。

営業職であるため、当然のように個人の営業成績が社内の評価を決め、またコンサルタント自身の給料・賞与の額にも影響します。

希望条件を伝えているにも関わらず、明確な説明なしに、興味が無い求人ばかりを紹介してくるコンサルタントは私たちのことよりも、得意先の企業との関係性であったり、自身の営業成績を上げることばかりを考えている可能性が高いです。

比較的選考に通りやすい求人を送り、内定を受けてもらい、あわよくば入社してもらう、つまり私たちのことをいいカモとしてしか見ていない可能性がありますので気をつけましょう。

一方、企業との関係性や営業成績よりも、転職希望者のことを第一に考えてくれるコンサルタントがいるのも事実です。

希望する条件に合った求人が紹介できない時は、明確な説明があるはずです。単に条件に合った求人が無かっただけなのか、身の丈に合っていない条件で紹介が難しいのか、理由は様々だと思います。

求人内容への理解度が足りていない

営業職であるコンサルタントにとって商品は何でしょうか?企業から受け取った求人情報になるでしょう。

まずは、コンサルタント自身が、その求人についてどの程度理解しているかを確認してみましょう。

求人票を読んで、気になることは質問して構いません。

「こんなこと聞いていいかな?」とコンサルタントに対しての気遣いは不要でしょう。何故ならば、それがコンサルタントの仕事だからです。

理解が足りていない場合、それは裏を返せば、企業のニーズをしっかりと把握できていない可能性もあり、この先企業へ応募する時やそれ以降の面接で的確なアドバイスがもらえるかどうか怪しいです

理想は、担当コンサルタント自身が、その求人について理解していることは当然ですが、その企業が求人を出している背景や求人票には載らないような潜在的なニーズまで把握していることです。

また、選考を受けるにあたっては日々変わる情報をどの程度タイムリーな情報(他にどのようなキャリアを持った人が選考中なのか)をキャッチアップ出来ているかも、今後選考を受けるうえでは大事になるでしょう。

考え方や価値観を受け入れてくれない

何も優秀なコンサルタントが自分に合った担当者であるとは限りません。

担当コンサルタントと話をしていると、こちらの考えを否定してくる人がたまにいますが、キャリアや転職への考えは人それぞれで、誰にもそれを否定する権利はないはずです。

それはコンサルタントが営業職であるからかもしれませんが、自分が担当する企業へ入社を決めて欲しいがために、考えを否定して、執拗に別のキャリアを提案してくる人がいます。

コンサルタントと考えや価値観が合わない場合、迷うことなく担当者変更を申し出るべきでしょう。

もしくは、その転職エージェントは思い切って利用しないという選択も取れます。

その場合の対処法として、別の転職エージェントで「希望する企業の求人はないか?」と尋ねてみましょう。もしもあれば、別の転職エージェントから応募しましょう。

転職エージェントは絶対に利用すべきです

転職活動を始めるにあたり転職エージェントを利用しなくても構いません。

私はこれまで4回の転職活動を経験し、そのうち2回は転職エージェントを使いませんでした。

しかし、求人情報と内定後の年収交渉という2つにおいては転職エージェントに勝てるものはありません。

転職市場のほとんどが非公開求人

転職市場にある求人のほとんどが「非公開求人(コンフィデンシャル案件)」であり、これは転職エージェントが企業から預かっている求人です。

一般的な転職サイトやハローワークなどで公開されている求人とは違い、非公開求人は他では絶対に入手できないものです。

従って、転職エージェントを利用しておかないと非公開求人へ応募する機会喪失へ繋がるため、それだけ自分でチャンスを潰している可能性があります。

転職先を選ぶにあたっては、今の時点で自分自身が応募の要件を満たす全ての求人(公開、非公開を含む)の中から一番自分に合った求人を選び、選考を受けて内定を貰う方が転職を成功させる確率は高くなると思います。

転職エージェントによって持っている求人情報に差があります。

  • A社にはないけど、B社、C社には求人がある
  • C社にはA社にもB社にもない求人がある
  • A社にはB社にもC社にもない求人がある

このような状況もよくあることです。

転職エージェントには複数登録することで、それぞれの強みと弱みを補完させることが可能です。最低でも3社は登録しておくといいと思います。

内定後の年収交渉を自分自身でしたいですか?

転職したい理由に年収アップを掲げている人もいるでしょうが、年収ダウンを望んでいる人はいないでしょう。

年収については、現状維持か、あわよくば転職前よりも年収をアップを望んでいる人がほとんどだと思います。

年収交渉は内定後にスタートします。採用が決まる(内定が出る)と、雇用条件の通知を受けるため、転職後の見込み年収が記されています。それに納得できれば快く内定を承諾するだけの話ですが、もし出来ないのであれば年収交渉をするしかありません。

しかし、転職エージェントを使わない場合、この年収交渉を全て自分で行う必要があります。

私は実際に一人で行ったことがありますが、その感想をお伝えすると、出来ることならば転職エージェントのコンサルタントへ任せたいと思いました。

>>【検証】自ら企業と転職後の年収交渉した結果、○○万円アップさせることに成功した事例を公開

最後に

いかかがでしたか。

転職エージェントと一口に言っても、様々な特色を持ったエージェントがありますが、それはコンサルタントにおいても同じです。

私自身、4回目の転職で利用した転職エージェントの担当コンサルタントが優秀な方で、その方が担当してくれたから希望する製薬メーカーから内定を受けたと思っています。

転職エージェントを選ぶ時は、担当コンサルタント選びまで考えるようにしましょう。

-転職エージェント, 転職攻略法
-, , , , , ,