書類選考を突破する!採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方テクニック




「職務経歴書」は転職の基本です。

職務経歴書には自分自身のこれまでの職歴や経験を落とし込みます。そして、応募先の企業の人事担当者や求人票を出している部署の責任者などに興味をもってもらわなければなりません。

その求人に応募をしている人は自分一人とは限りません。見えないライバルに差をつけ、「この人と会ってみたい」と思わせ、面接へ呼んでもらう必要があります。

実際、職務経歴書に書いた内容だけで興味を持ってもらうには工夫も必要です。

今回、転職活動を始めるまで職務経歴書を書いたことはもちろん、中身を見たことがない人も多いと思います。

この記事では、書類選考を突破できる職務経歴書の書くテクニックについてエッセンスを伝えるよう心がけました。今まさに職務経歴書を書こうとしている人にとって参考になれば幸いです。

職務経歴書を書く前に

職務経歴書を書く前にこれから応募しようとしている企業の求人票の内容をよく確認してください。

求人票を見ると「応募要件」の項目に「企業が応募者に求めている職務経験」が書かれています。そして、応募するにあたり必須となる必須要件と、あれば尚よい歓迎要件に分かれています。

職務経歴書を書く上では求人票をよく読み、その企業がどのような人材を求めているのかを考え、なるべくその企業のニーズを汲んだ形で書くべきです。

企業ニーズを無視した職務経歴書は書かないようにしましょう。

また、職務経歴書は、一度作成すれば基本的に別の企業でも使いまわしすることは可能です。

しかし、使いまわす時は提出する前に企業ニーズを汲んだ形となっているかの最終確認をしてください。必要に応じて内容を変更したり、表現を微調整します。同業内での転職を考えている人でも、また現職と同じ職種へ応募する人でも企業ごと、置かれている状況は変わりますし、それに伴い求めるニーズも変わっていきます。

明らかに企業ニーズを満たさないと判断される時は、思い切って職務経歴書の構成から練り直す勇気も必要です。

職務経歴書の基本的事項

職務経歴書はビジネス文書である

職務経歴書は「ビジネス文書」です。

企業は職務経歴書の内容を確認し、応募者が応募要件を満たすかどうかを確認すると同時に社会人として最低限のマナーがあるかどうか、ビジネス文書の作成能力があるかどうかも確認しています。

ほとんどの人が丁寧な文章を心がけ、提出する前には何度も何度も確認すると思いますが、誤字や脱字があまりにも多いと「仕事への取り組みもどうせいい加減なのだろう」と思われてしまい評価を落としてしまいます。

また、調子に乗って色々と詰め込み過ぎて、冗長な文章になってしまっていたとすれば「要点をまとめるのが下手だろうし、話が長そうな人だろう」と思われてもおかしくありません。

職務経歴書は、ビジネス文書を書く時、つまり普段の仕事の時と同じように顧客のもとへ提出する重要な文書だと思って書くべきということです。

職務経歴書の書き方に正解はない

職務経歴書の書き方に正解はありません。

ビジネス文書ですので非常識な文書では困りますが、常識の範囲内であれば職務経歴書は自由度が高い文書だと思います。

職務経歴書を書くうえで根底にあってより本質的なところだと思います。

また、職務経歴書には履歴書と違い、何か決まった「書式(ひな形)」はありません。

職務経歴書として一般的な書式はありますが、その構成は応募者の自由です。

職務経歴書の構成はアレンジ可能

職務経歴書の構成(記載する項目)は応募者側の裁量で決めることができます。

応募者は自分自身の職務経験や強みを企業側へ売り込むにはどのような構成とすれば効果的である考えなければなりません。

職務経歴書に「自己PR」や「志望動機」を書いてはいけないなんてことはありません。

履歴書にも自己PRや志望動機を書く欄があると思いますが、スペースが小さく、詳しく書くことが難しいと思います。

その点、職務経歴書であればボリュームも調整ができますし、書きやすいと思います。書類選考のうちから自己PRや志望動機を添えておくと売り込みの効果も期待できます。

職務経歴書で企業は候補者を絞り込む

企業は職務経歴書の内容にもとづき応募者の選考を開始します。

制約が何もないのであれば応募者全員と面接をしたいわけですが、それはコスト的にも、スケジュール的にも非効率なので現実的とは言えません。

従って、企業は職務経歴書を含む応募書類を使って面接へ呼ぶ人を絞り込みますが、実際は職務経歴書の内容で優劣をつけて絞り込む以外ありません 。

職務経歴書は面接資料になる

企業へ提出した職務経歴書は面接時の資料としても利用されます。

一次面接だけでなく、最終面接(役員面接)まで使われます。

応募書類を提出する時は次の面接へ呼ばれた時のことを考えてコピーやバックアップを取っておく必要があります。

本番の面接では、基本的に職務経歴書に沿って質問されます。

職務経歴書で書いた内容は面接対策にも使います。

職務経歴書の書き方

PCで作成する

職務経歴書は基本的にPCで作成します。

特別な事情がなければ「Microsoft Office Word」を使い、作成をすべきです。

簡潔にまとめる

職務経歴書は「A4サイズ」、「縦」で1~2枚程度にまとめることがよいとされています。

しかし、僕はさすがに1枚では少なすぎると思います。ただし、第二新卒で現職の職務経験が少ない場合は1枚でも仕方がないと思います。

また、僕の経験上、4枚になっても書類選考を問題なく通過できています。直近の転職でも職務経歴書は4枚でした。

仕事の性質にもよりますが、経験年数が上がっていくにつれて業務数が多くなることは普通のことです。アピールしたい経験が多いと職務経歴書の内容もボリューミーになってしまいます。

職務経歴書ではこれまで経験したことを全て網羅する必要はありません。やはり企業ニーズを第一に考え、自分自身の経験を絞込みながら書くことが求められます。

書類選考にあたる人事担当者や現場の責任者は他の業務で忙しい中、応募者からの職務経歴書に目を通します。読み手の状況を考えて、読み易さを心がけ、空白や余白を効果的に使います。

冗長な文章ではなく、項目ごとスッキリ綺麗にまとまっていれば多少枚数が多くなっても気にすることはありません。

あれもこれも書きたくなる気持ちも分かりますが、アピールポイントは数個に絞り、簡潔にできるように工夫して書くことが大切だと思います。

一般的な書式を使う

職務経歴書は自分自身に合うようにアレンジ可能な文書ですが「書式」がないわけではありません。

WEB上には様々な職務経歴書の書式が公開されています。

初めて職務経歴書を書く人は、数ある書式の中から自分に合う書式を選びましょう。

例えば、大手転職サイト「リクナビNEXT」でも職務経歴書の書式や具体例が幾つも掲載されています。実際に例を見て頂ければ分かりますが人によって全く違う文書であることが理解できます。

リクナビNEXTにて公開中

転職エージェントを利用している人は、登録しているエージェントの担当コンサルタントに書式が欲しいと伝えれば各エージェントが独自に作成している職務経歴書の書式と書き方の見本も受け取れます。

その見本どおりに作成しても問題ないですし、その見本をもとにアレンジして作成しても構いません。

僕は過去に登録していた転職エージェントから受け取った書式で作成した職務経歴書をずっと使い続けています。

複数の転職エージェントを使っていたとしても別のエージェントから受け取った書式で作成した職務経歴書で何も問題なく使えます。

職務経歴書のまとめ

職務経歴書を簡単にまとめると、他の応募者と差別化ができるよう自分自身の裁量で書く内容を決めることができる最強の自己PR文書となります。

履歴書というのは画一的なものです。

名前、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報や学歴、職歴、資格など応募者がどのような経験を持った人物であるのかを示す概要にあたる部分であり、個性が現れづらいものです。また、同じ求人票を見て応募してくるようなライバルも同じような学歴、職歴、資格を持っている可能性が高く、履歴書ではなかなか差別化は難しいです。

一方、職務経歴書に書く経験や実績というのは個人個人で差があって、全く同じ人がいるはずがありません。

この差が出やすい部分を職務経歴書では自由に表現できるため、どう書くか、どう表現するかで書類選考の結果は変わります。

ライバルに差をつけないといけないのに職務経歴書の書き方を誤ってしまうと応募先の企業へ自分の強みを十分に伝えることが出来ず、本来は通過できたものがお見送りになってしまうこともあり得ます。

やはり職務経歴書は転職の基本です。

職務経歴書の内容を良くするポイント

はっきりとブレなく伝える

  • どんな経験をしているか
  • 何ができるか(能力・スキル)
  • どんな強みがあるか

当たり前のことですが、まずは基本となる経験、能力・スキル、強みをはっきりとブレることなく伝えることだと思います。

すると、読み手は「この仕事ならば任せられそうだ」とか、「自社の雰囲気にも合いそうかな」より具体的な想像ができるようになります。

表現を工夫する

同じように文章を書いていても、少し表現を工夫するだけでも、その印象が変わることは誰もが知っています。

面接と違い、直接働きかけたり、訴えかけることができないだけに「表現方法」が重要です。それを少し意識するだけでも書類選考の通過率は向上していくと思います。

少し足りないがちょうどいい

アピールのしすぎ、まとまりのないアピールはかえって印象を悪くさせます。

職務経歴書に書く内容というのは一貫性を持たせることが大切ですし、短時間で読み手の印象に強く残るのは一貫性を持った職務経歴書を書くことができた人だと思います。

あれもこれも経験して、強みを幾つもアピールされても一つ一つの印象が薄まり、結局何が出来る人なのか分からなくなってしまうことがあります。勇気を持って絞り込みができる人ほど書類選考を突破していると思います。

「もっと詳しく知りたいならば面接で直接聞いてください」というくらいでいいと思います。

最後に

いかがでしたか。

職務経歴書で企業が知りたいことは、応募者に「どのような経験・スキル・実績があって、採用後のメリットがどこにあるか」です。

だから、企業は候補者に「これまでの職歴や経験から何に強みがあり(自己PRの部分)、採用することで自分たちの企業にどのようなメリットがあるのか」を示して欲しいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です