企業研究 転職攻略法

今どきの転職活動は、企業の評判や社風は転職クチコミサイトを活用する!おすすめのサイトもご紹介

ごん(@career_gon)です。

転職活動で自分に合った良い求人が見つかったとしても、その企業の評判が分からないと応募するにも少し不安ですよね。また、社風にマッチするかどうかも働くうえでは気になります。

求人票には仕事内容に関する情報は詳しく書かれていても、評判や社風については抽象的な表現となっていてしっくりこないことが多いです。一方、ホームページにある採用情報には企業にとって都合のいい情報ばかりで本当に知りたかったことを知ることができません。

そんな時、私がおすすめしたいのが転職クチコミサイトです。まずはその企業の社員や元社員のクチコミを確認してみましょう。

転職クチコミサイトというのは、その求人へ応募するかどうか、実際に入社するかどうか、転職活動で判断に迫られた時に役に立ちます。

転職口コミサイトについて

そもそも転職クチコミサイトとは何でしょうか?

転職口コミサイトとは?

転職クチコミサイトは、リブセンスが運営する転職会議のように本来であればその企業で働いたことがある人(社員または元社員)にしか分からないことをクチコミとして集め、公開している転職サイトのことです。

転職サイトなので、企業のクチコミを見るだけでなく、他の転職サイトや転職エージェントとも連携をしており、求人情報も知ることができます。それで、もし気に入った求人があればそのまま応募も可能です。

転職活動中は、なるべく沢山のアンテナを張っておかないと、希望する求人を取り逃すリスクがあります。だから、転職クチコミサイトを利用するときは、転職サイトの一つとして登録し、利用しても損はありません。

登録した情報をもとに直接求人のオファーが届いたり、エージェントからスカウトを受けたりもできるので、自分で探しても出てこないような好待遇な求人と出会える可能性があります。

クチコミサイトの利用価値

クチコミサイトを利用しない場合、企業のホームページや転職サイトの求人情報、転職エージェントのコンサルタントからの情報くらいが手がかりになりますが、どうしても偏りがあります。これらの情報だけでは、入社後をなかなかイメージすることは難しいでしょう。

その点、転職クチサイトは、その企業で働く社員や過去に働いたことがある元社員の生の声掲載されているので企業研究や職種研究にも役立てることができます。

デメリットとしては、クチコミサイトを見てがっかりすることもあるかもしれません。

クチコミサイトだけでは正確な判断は難しいことは事実ですが、実際にクチコミを見て自分には合わないと思ったならば、応募を取りやめたり、選考を辞退する判断にも利用できます。

転職理由や面接情報も得られる

例えば、以下は転職会議のクチコミ閲覧ページの画面スクリーンになります。

転職会議(日本郵政の例)

このようにクチコミサイトは、各サイトごとに掲載内容やインターフェースなど違いはありますが、基本的にはその企業へ転職をしたい人が必要な情報を、様々な切り口で複数のテーマに分けて掲載しているので、知りたいことを効率よく情報収集できます

具体的には、年収、やりがい、スキルアップなど教育制度、福利厚生の内容、残業の多さだけでなく、従業員や元従業員が何故その企業を退職したいと考えているか?退職したのか?という転職理由や、面接ではどのような質問を受けたのか?と過去の面接の様子まで一挙に知ることが出来ます。

残業の多さや、福利厚生の内容は面接では聞きづらいと質問に数えられますので、クチコミサイトならではだと思います。

転職活動中に登録しておきたい転職クチコミサイト

先ほど例を使って説明しましたが、まずは転職会議とOpenWorkが運営するOpenWorkの2種類のクチコミサイトは転職活動中は登録必須だと思います。

私も過去の転職活動ではお世話になりました。どちらも登録には、個人情報、これまでの就業経験、希望する転職条件などの情報を登録しなければなりませんが、少し面倒でも、登録をしなければクチコミを全て確認できません

転職会議とOpen Workはそれぞれ特色があって、転職会議は登録の後で自分自身もクチコミを登録しなければ、他社のクチコミを閲覧できませんが、Open Workは登録することで180日間に限ってですがクチコミを閲覧できるようになります。

参考までにクチコミの画面スクリーンを掲載するので、比較してみてください。

転職会議(日本郵政の例)
Open Work(日本郵政の例)

転職クチコミサイトを利用する際の注意点

これまでメリットや良いことばかりを紹介してきましたが、クチコミサイトを利活用することにおいて注意点もあるので、最後に紹介します。

口コミはバイアスがかかっている

転職クチコミサイトを利用し、わざわざクチコミを投稿する人というのは、どのような人たちだと思いますか?

答えは明白で、その企業に在籍していて「転職がしたい」または「転職をした経験がある」人たちでしょう。

そのクチコミの投稿者は、転職でその企業へ入社した人かもしれませんし、既に退職済みで別の企業へ転職するために投稿した人かもしれません。その企業に勤めていても、転職なんて微塵も考えたことがない人たちはそもそも転職クチコミサイトへ登録することはないでしょう。

つまり、利用する側として、それらのクチコミは、その企業の全社員の声を反映したものではなく、クチコミ自体にバイアスがかかっている点に注意を払わなければなりません。

簡単に言うと、それを理解したうえでクチコミサイトは利用すべきです。

口コミの信憑性について

本人確認がない

転職クチコミサイトは、本質的には転職サイトと変わりないので、登録時やクチコミ投稿時に本人確認がありません。

それは、投稿者が過去や今、どこの企業に勤めているか、勤めたことがあるかは性善説に基づいているので全て自己申告です。

結局は他人の声であるということ

クチコミというのは、何も転職に限らず、ネットショッピングで商品を購入する時、食べログなどで投稿内容をもとにお店を予約する時なども同じだと思いますが、そこに書かれた内容が真実かどうかは投稿した本人にしか分かりません

例えば、自分自身が今の仕事について「仕事のやりがい」を投稿するにしても、やりがいを感じる瞬間というのは人それぞれ違います。そもそも投稿しているのは他人であり、価値観が異なる場合もあるので、クチコミというのはあくまでも参考として捉えるべきです。

最後に

いかがでしたか。

今回は転職クチコミサイトを使った企業研究の方法を紹介しました。

今回の記事で紹介した転職会議OpenWorkはどちらもおすすめなので是非登録して使ってみて下さい。

とにかく転職活動で成功を収めるには、フットワークを軽くして行動する以外ありません。

気になる企業や応募を検討している企業があるならば、転職クチコミサイトを参考に応募するかどうかを決めてチャレンジあるのみです!

-企業研究, 転職攻略法
-, , ,