転職Q&A

【事例つき】転職サイト経由で内定した場合の年収アップの交渉術!

annual-income-negotiation

ごん(@career_gon)です。

転職後の年収は、内定時に提示されます。その時、提示額に納得いかないのであれば、企業側と「年収交渉」するしかありません

年収交渉は、転職エージェントを利用して内定したならば、コンサルタントが代わりに引き受けてくれます。一方、転職サイト経由で内定した場合は、誰にも頼ることができず、自分ひとりで年収交渉を行うしかありません

そもそも「年収交渉ってどうすればいいの?」と疑問に思っている人も多いはずです。

決して簡単ではないですが、過去の転職で自分ひとりで年収交渉を行い、年収アップを実現させた私の経験をもとに、年収交渉の考え方や方法をまとめました。

これを読むだけで、年収交渉の進め方やコツが分かっていただけると思います。

記事の最後には、実際に年収交渉をして70万円の年収アップに成功させた時の私の事例についても紹介しています。

転職で年収アップは見込めるか?

結論を言うと年収アップは可能

転職での年収アップは可能す。

厚生労働省の令和2年の調査結果を見てみると、転職で年収がアップしたと答えたのは転職者全体の約35%となっています。一方で転職によって年収がダウンしてしまった人も同じくらいの割合いるようです(約36%)

令和2年1年間の転職入職者の賃金変動状況をみると、前職の賃金に比べ「増加」した割合は34.9%、「減少」した割合は 35.9%、「変わらない」の割合は 28.4%となっている。「増加」のうち「1割以上の増加」は 24.7%、「減少」のうち「1割以上の減少」は 26.8%となっている。

kekka_gaiyo-04.pdf (mhlw.go.jp)

せっかく転職するなら、今の仕事よりも少しでも年収をアップさせたいという思いは誰にでもあると思います。

手っ取り早く年収アップさせるには

ちょっと本題とは逸れますが、手っ取り早く年収をアップさせる王道な方法もあります。

それは、給与水準の高い業界や企業へ入ることです。

当然ですが、個人の評価での給与の上がり幅には限界があります。

給与水準というのは、個人よりも前に業界や企業によっても差があります。それは、平均年収に差があることが良い例で。高収入を得たければ、転職先選びから重要です。

裏を返せば、どんなに面接で高い評価を受けていようが、年収のアップを望んでいようが、転職先の給与水準次第では満足いく年収を得られない可能性があるということです。

既存の社員を差し置いて、自分だけが特別扱いされるなんてことは絶対にありません。

給与水準は平均年収を知ることで把握できます。上場企業の場合は有価証券報告書に平均年収が記載されています。

年収交渉へ入る前に確認しよう

企業との年収交渉へ入る前に、基本的な事項を一つ一つ確認していきましょう。

面接中に希望年収を答えてしまった

面接中に面接官から希望年収について質問されましたか?

1次面接か、最終面接か、どのタイミングで聞かれたかにもよりますが、面接で答えていたとしても内定後に希望年収の変更は可能です

本当の年収交渉は内定後に始まります。

内定後は、企業と転職したい私達の立場は逆転します。面接で希望年収を低く言ってしまっていても安心してください。

内定を承諾する前に行うこと

年収交渉が出来るのも、内定を受けてから承諾するまでの期間のみです。

内定を承諾後、やっぱり上げて欲しいと申し出ても遅いということです。

内定と同時に受け取る採用通知には雇用契約を結ぶ際の種々の条件が書かれています。そこに年収についても具体的な金額が記載されています。内定を承諾したということは、その条件を全て飲みましたという意味になります。

希望する企業から内定が出たことの嬉しさから、よく内容も確認せず、二つ返事で承諾しないように注意してください。原則、承諾後はどんな理由があっても年収交渉は出来ません。

今の年収をもとに算出される

年収交渉でベースになるのは今の年収です。

それは、つまり、今の年収というのが自分自身が提供できる労働に対する価値と考えられるからです。

面接での評価が高いとはいえ、企業から見れば、入社後に活躍する保証は何もありません。ただし、過去の経験やスキル、能力から活躍してくれる可能性が高いから採用します。

まずは、今の年収で様子を見ようという企業が実際には多く、そのような企業では極端な年収アップは難しいかもしれません

交渉するのは初年度の見込み年収である

年収交渉の対象になるのは、あくまでも初年度の見込み年収です。

入社後は、個人の成績次第で昇給もあります。実際、私も入社後に昇格して年収が100万円以上アップしました。

従って、年収交渉がうまくいかなくても未来永劫にその年収というわけではないので、絶望しないでください

ノーリスクハイリターン

年収は報酬であり、報酬は労働の対価として受け取る権利があります。

だから、自分自身が企業が考えている以上のパフォーマンスが出せるのであれば、その代わりに年収をアップさせて欲しいという要求はごく当たり前のことです。

提示された年収に納得せず、入社してしまったならば、転職後に後悔するかもしれません。そうならないように気持ちだけは伝えましょう。

例えば、年収500万円だった人が何の理由もなく、1000万円へ上げて欲しい!とか、明らかに無理な交渉は別です。身の丈に合った範囲での交渉であれば、内定取り消しなどのリスクは限りなく小さいです。

まさにノーリスクハイリターンだと思います。

年収交渉を成功させるためのポイント

それでは、いよいよ年収交渉です。企業側の心理を知ったうえで年収交渉をしていきましょう。

考え①:企業は人件費を安く抑えたいものである

企業にとって人件費というのは無視できない固定費です。収益を圧迫する要素の一つです。だから、業績が経営不振に陥ったり、経営が傾いてくると真っ先に手を付けて、固定費を下げようとします。

新卒や中途などの新規採用も人件費として予算があるから成り立つものです。そのため、企業が人件費に使える金額にも限度があります。

まとめると、企業の目線で考えれば、どんなに優秀な人でも年収を安く抑えられればメリットが大きいということになります。

考え②:提示年収には見えないレンジがある

最初から高額提示はしない

企業として、最初から高額な年収でオファーすることはしません

しかし、あまりにも安すぎるとそっぽを向かれて、競合他社へ流れることも想定されますので、今の年収と同じくらいの金額が最も提示しやすくなります

従って、最初の年収を見てがっかりする必要はありません。今後の交渉次第です。

年収にはレンジがある

もちろん年収はどこまでも上がるわけでなく、上限があります。

この上がり幅のことをレンジと呼ぶことにします。

例えば、今の年収が500万円だとして、最初の提示年収が480万円とします。この場合、企業としては今の年収をベースに、少しでも安くしようと-20万円のダウン提示をした可能性があります。企業からすると、これで首を縦に振ってくれればラッキーとなります。

このケースでは、仮に+50万円の年収アップの530万円を要求したとします。企業にとっても、それは織り込み済みであり、すんなり交渉成立する可能性があります。この時のレンジが仮に+50万円だとすると、レンジ内だったから交渉がうまくいきました。企業も最初から530万円までなら出せるということです。

もしも、+100万円の年収アップを要求した場合、レンジを超過するため、交渉は難儀したでしょう。

年収交渉では、この見えないレンジを見極め、可能な限り上限ギリギリの年収を狙っていくのです。

考え③:年収アップには妥当かつ正当な理由が必要

年収アップのためには、年収を上げるだけの妥当かつ正当な理由がなければなりません。

よく考えれば当たり前のことです。企業側も面接での評価に基づき、年収を既に決定しています。それに納得できないわけですから、誰が聞いても、納得できるだけの理由が必要になるでしょう。

これは、自分自身がその年収を受け取るに相応しい人材であるということを示す具体的な根拠を示すことに等しいです。

実は、これが難しいのです。決して簡単なことではありません。諦めてしまう人がいても不思議ではありません。「年収を上げて欲しい」と感情で訴えるほど、企業も甘くはありません。

私たちは、応募してから内定を受けるまで、これまで再三にわたり企業側へアピールを続けてきました。その結果として、内定を受けたということになります。

これ以上何を訴えればいいの?と途方に暮れても不思議ではありません。

考え④:交渉は心理戦

年収交渉は、心理戦という面もあります

本当はもっと上げられる場合でも、企業側は渋ったり、易々と年収アップに応じてはくれません。しかし、先ほども伝えたようにレンジはあるので、あの手この手で交渉するしかありません

自分自身の市場価値を正しく理解したうえで、その価値を理由として企業と交渉することが鉄則ですが、実際に企業側の言い分を聞いて、これ以上交渉を続けた場合、話がこじれそうならば妥協も必要です。

交渉が決裂するよりも前に、マインドをシフトし、入社後に活躍して年収を上げてもらえるように努力するか、もしくは、別の企業を検討してみるかのいずれかでしょう。

私の実体験「企業と年収交渉した結果、70万円アップに成功」

最後に、私の実体験です。

2回目の転職では転職サイトを通じて応募し、内定したことで年収交渉を自分ひとりで行うことになりました。

1回目の転職では転職エージェントが企業との間に入ってくれていたので、苦労することはありませんでしたが、この時ばかりは転職エージェントの存在の大きさを身にしみて感じました。正直言うと、転職エージェントを経由しなかったことを激しく後悔しました

当時、周りに元enジャパンで転職支援事業に携わっていた知り合いがいたので、企業と交渉へ入る前にコツを聞いてみましたが、「年収アップ?厳しいよ、期待しないで!」とネガティブなことを言われ、意気消沈したことをよく覚えています。

方法①:交渉のベースとなる年収を高くする

まず、今の年収を内定した企業の人事担当者へ伝える時に、その伝え方を工夫しました

転職前の企業は、ベンチャー企業で年収が安定せず、約3年間在籍しましたが年によって変動が大きかったです。だから、私は直近の年収ではなく、3年間で最も高かった年の年収を、その説明を添えて企業側へ伝えました。

その時は、最高年収だった年の源泉徴収票直近の給与明細3ヵ月分を企業へ提出し、エビデンスを示しました。年収交渉のベースとなる今の年収が少しでも高くなるように努力しました。

それでも、企業側から内定時に伝えられた年収は、今の年収よりもダウン提示だったので、納得いかず、さらなる交渉へ入りました。

方法②:どうすれば年収アップできるか?

年収アップには、先ほども伝えたように、企業側へ具体的な根拠を提示しなければなりません。また、企業としては安ければ安いほうがメリットがあります。

当時の私はまだ20代で、社会人4年目くらいでした。そこまで人に誇れるような実績もなく、また面接で全てアピールしてしまっていたので、根拠を探すのに苦戦していました。

私がとった方法

結局、私がとった方法は生活費の安い地方から高い都市への転職であることを利用しました。もしも、提示できる根拠が無くても、私のように年収が下がることで困ることを伝えられると企業側も検討してくれるかもしれません。

  • (都市部は地方よりも家賃が高いので)家賃水準のアップ=生活で使えるお金が減ってしまう=額面以上に手取りが減ってしまう
  • (地方にいたため)車を所持しているから駐車場代が別途かかる=上記と同じ(車の所持は自己都合なので賛否あると思いますが、私は伝えました)
  • 新しい環境で活躍できる人材になりたいから自己啓発が必要=今よりも年収ダウンで、手取りが減ってしまっては自己啓発にお金が回せなくなる=モチベーションが下がってしまう

仕事への意欲を示した

年収というのは、あくまでも額面上の話しであり、それよりも手取りが重要です。

住居費や食費などの固定費は削りたくても削られません。生活のために余計にお金がかかると、その結果、自己啓発にかけられる分が減っていきます。私は、自己啓発の必要性を企業へアピールしました。

そして、新しい仕事への意欲を示し、それをバックアップする形で基本給を月○万円上げて欲しいと企業と交渉しました。

最終的には、私の気持ちを汲んで頂き、希望していた金額には届きませんでしたが、インセンティブボーナス分を含めず、70万円の年収アップに成功しました。基本給が数万円上がるだけでも、それに伴い賞与も上がるため、アップする金額も大きくなります。

最後に

いかがでしたか。

年収交渉では、企業側へ希望金額を伝える時は、それを希望する具体的な根拠も伝えるようにしましょう。

根拠無しで年収アップを伝えることは危険です。実例でも触れたように、何も示すものが無ければ「新しい職場で活躍したい!」という意欲を見せること、その姿勢こそが私は大事だと思います。

今回紹介した私の経験で言う「70万円」は一例です。70万円しか上がらないの?70万円も上がったの?と人によって受け取り方は異なるでしょう。この金額は、私が内定した企業の例であり、当然企業によって増額される金額は変動します。

ぜひ、年収交渉にトライしてみてください。

-転職Q&A
-, , ,