転職攻略法

これだけは知っておきたい!誰も教えてくれない転職を成功させる企業研究の5つのポイント

ごん(@career_gon)です。

面接対策における企業研究って何をどうすればいいのでしょうか?実際、よく分からず困ったことはありませんか?

私も転職活動を始めたばかりの頃は同じ悩みを持っていました。しかし、色々と試行錯誤を重ねていくうちに、段々とやるべきことが明確になって転職活動では困らなくなりました。

よほど人が足りなくて困っているようなブラック企業は別ですが、企業研究なしでは面接の合格はあり得ません。適当にその企業のホームページを眺めて終わりが企業研究ではありません。

今回は「企業研究」の具体的な手法というよりも、私が転職活動をして、学んだ企業研究における5つのポイントについて解説します。

参考になれば幸いです。

誰も教えてくれなかった企業研究の5つのポイント

まず、企業研究の5つのポイントを紹介します。

  1. 転職理由との矛盾はNG
  2. ホームページを見ていることは最低限のマナー
  3. 相手に興味を持つという姿勢
  4. 仕事目線で考えることを忘れない
  5. 雰囲気や社風を想像する

ここに挙げた5つは、どれも大切なポイントです。是非、気になるものだけでも目次から飛んで、読んで頂ければと思います。

ポイント1:転職理由との矛盾はNG

転職活動の基本は「転職理由」です。

これこそが転職活動をする動機の根底にあるもので、まさに軸になるものです。やりたい仕事があるから、今を変えたいことがあるから、叶えたい夢があるから、私たちは転職活動をしています。

だからこそ、企業研究をする時も転職理由というものは頭の片隅に入れておきましょう。

企業研究を進めていても、転職理由との間に矛盾や齟齬が生じてしまうと、面接の時に軸からズレて、一貫性が揺らいでしまう事態になってしまう恐れがあります。

企業研究では、常に自分自身の転職理由と合致しているかどうかを意識しながら行うべきです。

ポイント2:ホームページを見ていることは最低限のマナー

ホームページは見ているものが前提

ホームページを持たない企業はないくらい、ホームページはビジネスにおいてあって当然のものになっています。

企業のホームページに書かれている情報は企業側が発信しているものであり、面接を受ける側はそれを見ていることが前提となっています

また、面接官は仕事で忙しい中、何とかスケジュール調整をして、時間を割いて面接をしています。面接を受ける側として、相手への敬意を払い、最低限のマナーとしてそこに書かれている内容くらいは事前に把握しておくべきです。

とはいえ、ホームページにある情報を隈なく調べることは時間もかかるし、本来の目的にそぐわないでしょう。

ホームページのどこを見る?

ホームページを見る時、企業情報や事業内容は当然、他にも採用情報、中期経営計画、最新のプレスリリースも最低限見ておくべきでしょう。

ただの情報としてインプットするだけではなく、自分は何に興味があるかとか、自分の経験が活かせそうだなど、自分自身の価値観と合っているか、共通点はあるかという目線で見るようにしましょう

そのほうが、きっと面接の時にも話が膨らみます。

ポイント3:相手に興味を持つという姿勢

企業研究の「質」というのは、面接を受ける側がその企業にどれだけ興味を持っているかで変わります。

興味を持っている企業や関心があると、企業研究には熱が入るものです。反対に、興味がない企業の企業研究は気が進みません

面接官と言っても、結局はその企業の社員の一人です。自分の勤務先に外部から「是非、御社で働かせて下さい!」とわざわざ面接を受けに来てくれるわけです。それは嬉しいでしょう。

そもそも興味がないのに面接を受ける理由はあるのでしょうか。

企業のことを知るのも、興味を持って主体的に行うのと、面接があるからと仕方なくするのでは結果は変わってくるはずです。

ポイント4:仕事目線で考える

企業研究の本質である

企業研究の本質を言うと、仕事目線で考えることです。

研究という抽象的な言葉に惑わされ、表面的なことだけをして企業研究を終わらせていると危険です。

企業が求めているのは、自社のことをよく知っている人、つまり「ファン」ではありません。これまでの職務経験をどう活かし、そして自社の発展や業績の向上へどのように貢献するか、そのビジョンが明確な人です。

このために必要なことが、まさに仕事目線での企業研究です。

企業研究は職種研究と同義

企業研究とは、職種研究とも呼べるかもしれません。

転職は職種別採用で、募集している求人単位が基本です。

方法としては、まずは求人票に書かれた内容をじっくり読んで、比較分析してみましょう。今の仕事と比較して、これまでの経験と重なる部分や、そうではない部分とか、様々な切り口で考えていくことで職種への理解は深まっていきます

そして、最終的には「これまでの経験が貴社で活かせそうだから、私は貴社へ転職しても同じように活躍できます」という主張の論理展開へ寄せていきましょう。

ここで挙がった疑問については、メモに残しておきましょう。面接では、最後に逆質問があるので、その時に確認するようにしましょう。

ポイント5:雰囲気や社風を想像する

想像することが大事

雰囲気や社風を知ることも企業研究のポイントの一つです。

転職後の職場の雰囲気や企業の社風が自分に合わなければ、ミスマッチで早期離職の危険もあります。また、それは企業にとってもマイナスでしかありません。

しかし、訪問したことすら一度もない企業の雰囲気や社風をどうやって知るのでしょうか?

答えは想像するのです。

例えば、企業のホームページの採用情報、信憑性の問題はありますが転職者向けのクチコミサイト、新卒者向けの就職サイト(リクナビなど)にある社員の声といったコンテンツも参考になります。

もし、これらを見て「少数精鋭でスピード感のある風土」だと想像したのであれば、面接で「御社の少数精鋭でスピード感のある風土が私に合っている」と話せばいいのです。

間違っていても問題ない

想像によって作られたものが間違っていても気にすることはありません。それよりも自信を持って語ることが必要です。

何故ならば、企業は色々な側面を持っているからです。

先ほど示した例のように、スピード感がある時もあれば、慎重な時もあるでしょう。

大事なことは、社風が合ってるかどうかではなく「何故、風土が合っていると思ったのか?」という理由です。それを証明するエピソードも添えて話すことができれば面接官は納得します。

また、もしも伝えたことと実際が違うようであれば、面接官側から「うちの社風はこうだよ」と説明してくれるはずです。それを聞いて自分はどう思うのか、意見を述べればいいです。そして、思っていたものと違ったならば、無理に迎合するのではなく自分の思いに正直になりましょう

最後に

いかがでしたか。

企業研究という言葉に惑わされず、紹介した5つの着眼点で企業を知ってください。

知れば知るほど興味が沸いてくれば、面接対策や転職活動そのものが楽しくなるはずです。

-転職攻略法