転職回数が多い人が書類選考を突破するために実践したいちょっとしたコツ




転職が身近になっている今、転職を繰り返している人も意外と多いです。

そういう人だって「また転職したい」と思えば、とりあえず転職サイトや転職エージェントへ登録してみると思いますが、転職回数が多くなると今まで通りの転職活動のやり方では通用しなくなります。

転職回数が多いのであれば、多い人なりの戦略をとることが必要です。

今回は、転職回数が多い人に向けた転職活動戦略の一つとして書類選考突破のコツをご紹介します。

転職を繰り返してきた過去の自分と向き合う

転職を繰り返してきた理由が、自分に合った企業に出会えていないからか、待遇をもっと良くしたいからか、単純に飽き性で行動力があるからか、それは人それぞれの人生なのでどんな理由でも構いません。

企業側もそこに興味を持っているわけではありません。

分かっていると思いますが、転職活動では転職回数が多いことが足を引っ張ることがあります。

しかし、どうあがいても過去を変えることは出来ません。

まずは、その現実をしっかりと受け止め、変なプライドは捨て素直に過去の自分と向き合うことが転職の成功には必要なことだと思います。

選考を受けると、企業は建前ではなく本音を探ろうとします。転職理由は都合が悪いようならば整合性がとれるように嘘をつくことも時には必要ですが、そんな嘘を考える前に過去の自分と向き合うことが重要なことだと思います。

書類選考が難関である

「転職回数が多い」=「すぐに辞めてしまう人」というイメージが定着しています。

年齢にもよりますが、転職回数が多い人は一つ一つの企業の在籍期間も短くなっています。

転職回数が多いことは、それだけ短期間で転職を繰り返してきたという過去を示しており、企業目線で見てしまうと「またすぐに辞めてしまうのではないか?」と不安になります

人の入れ替わりが激しいブラック企業を除いて、すぐに辞めてしまうような人を採用したいと思う企業はありません。転職回数が多い人が内定を取るためには「すぐに辞めてしまう」というイメージを払拭する必要が出てくるわけですが、それは過去の転職を含めた理由付けと志望動機(その企業でやりたいこと)の掘り下げでカバーする以外に有効な方法はなく、実際の面接ではそこの部分をより厳しくチェックされます。

無事に面接まで進むことが出来れば、直接口頭で丁寧な説明も出来ますが、その面接に進むことが実は簡単ではありません。

面接と違って、紙面に書かれたことで判断される書類選考では説明や説得が難しくなります。

だからこそ、 転職回数が多い人にとって書類選考を突破することが難関になるのです。

転職回数の多いことが不合格理由に?

忙しい仕事の合間を縫って、眠い目をこすりながら職務経歴書を書きあげたのに、実際にはその中身を読まれる前に履歴書の職歴欄を見てお見送りとなった、ということはあり得ます。

特に、大手企業は転職回数にとてもシビアです。

書類を提出する前にそうなることを覚悟しておかなければなりません。

大手に限らず転職回数が多いと判断されてしまうと、職務経歴のハードルを上げてしまうことがあります。

どういうことかというと、企業側に採用する理由を作らせることが難しくなるということです。

「転職回数は多いことはネックだけど、それを補う十分な職務経験があるから即戦力として採用したい!」と思ってもらえるほどの実績やキャリア・経験がないと選考結果は厳しいものになります。

救いなのは、全ての企業がこのように判断するわけでなく、転職理由に妥当性があれば、整合性がとれていれば「面接くらいは呼んでみよう」と考えてくれる企業があるということです。

転職回数が多いからと諦めず、多いならば、多いなりの工夫をして通過率を高めていきましょう。

転職回数が多い人が書類選考を突破するためのコツ

これから転職回数が多い人が取るべき戦略として3つのコツをお伝えしたいと思います。

複数の企業での経験を一つの企業(現職)での経験に見せる

会社員をしていると異動というイベントが起こります。実際に部署異動を経験したことがる人もいるかもしれません。

一つの企業で長年勤めていても、会社命令によって様々な業務をしなければならないことがあります。

このようなケースと同じように転職回数が多い人の場合、4社なら4社の経験を一つの企業での経験であるかのように見せるのです。

通常の転職では「現職」の経験を中心に書くことが一般的ですが、このような場合では現職のみならず過去の企業の職務経験についてもそれなりに詳しく書く必要があります。

例に挙げた4社ならば4社すべてを同じように詳細に書いてしまうと冗長な印象を受けてしまいますので、在籍期間が比較的長く、現職とも共通点が多く、今後目指していくキャリアに活かせる経験を上手に選んでアピールします。

異なる職務経験でも一貫している共通点や強みをアピールする

複数の企業で経験をしていても共通するところや、一貫している部分と言うのが必ずあると思います。

実際の仕事内容が共通していれば即戦力として強くアピールできますが、それが無いのであれば、仕事をするうえで大事にしてきた部分(性格)をアピールすることができます。

例えば、行動力に自信があるのであれば、複数の企業での経験を通じて行動力を発揮してきたエピソードを伝え、より再現性高く見せることが出来れば評価されます。

転職では大きなことに目が行きがちですが、「こんなことアピールになるのかな?」と不安になるような些細なことが意外とアピールポイントになったりします。

転職回数が多いのであれば、それが個性だと割り切って、無駄なキャリアはなかったと、どの経験も自分自身の糧になっていると言い切りましょう。

転職エージェント経由で応募する

転職回数が多い人こそ、転職エージェントを使うべきだと断言します。

転職サイトや企業のホームページからの直接応募してしまうと提出した書類の内容で合否が判別されますが、転職エージェントを経由すると、それに加えて各エージェントからの推薦状が企業に提出されます。

推薦状は利用する転職エージェントによって多少の内容は異なりますが、だいたい内容は共通しています。

つまり、推薦状は転職エージェントが応募先の企業(エージェントから見れば顧客)に対して「こんないい人いますよ」と推薦し、書類選考の通過を後押しするものです。

企業へ応募する前には転職エージェントとの面談が必ずあります。

その時に転職理由については掘り下げて聞かれると思いますが、その時に転職回数が多いことがネックになると思えば、推薦して頂く時に過去の転職理由をフォローして貰えないかと相談してみましょう。

転職エージェントは転職支援のプロなわけですから、上手に企業へフォローしてくれると思います。

これが直接応募よりも、エージェント経由で応募する方が突破率が高くなる理由です。

一度、書類選考でお見送りになってしまえば、数年間は応募できません。

一度のチャンスを活かすためにも転職エージェント経由で応募することがチャンスを広げるのだと思います。

最後に

いかがでしたか。

書類選考を突破できれば、いよいよ面接です。面接まで進めたならば、転職回数が多いことを逆手に取って、いろんなことに取り組んできたとアピールすることも出来ます。

先日、転職回数が多い人向けの転職活動戦略、転職面接を突破するコツも投稿したので、こちらも読んで頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です