社会人3年目までの転職!これから「第二新卒」で転職活動を始める人に向けて




せっかく新卒で入社した企業を1年未満から3年のうちに辞め、別の企業へ転職すること/転職していく人を「第二新卒」と呼びます。

僕もかつての第二新卒でした。初めての転職は26歳の時で1年強の在籍期間でした。

今回は「第二新卒」での転職を目指している人のために、過去の自分自身の経験を振り返りながら第二新卒の転職活動について考えてみます。

職務経験とキャリア

転職活動を始めるとやたらと目にする言葉の一つが「キャリア」です。なかなかイメージしづらい言葉だと思いますが、そのまま和訳すれば「経歴」という意味になります。

転職で言う「キャリア」とは他の企業でも経験としてカウントされる「職務経験」のことを指します。転職はキャリアを持った人を採用するシステムだから「キャリア採用」とも呼ばれるのです。

一般的には、一つの職務経験がキャリアとして認められるには3年はかかると言われます。

つまり、何が言いたいかというと第二新卒で転職をする人は1年未満から3年未満の在籍期間であり、ちょうどキャリアとして認められる前の段階で転職することになるということです。

もちろんこれは一般論なので、1年未満と2年10ヵ月の経験年数の人でも評価は変わりますし、また現職でどのような経験をしているかや転職先でその経験が活かせるかどうかでも評価は変わると思います。

より重要なことは、第二新卒はキャリアが足りない人が多いため、新卒と同様にまだまだ「ポテンシャル」で評価される可能性が高くなります。

3年という数字の意味

キャリアとして認められるまでに3年はかかると書きましたが、この3年という数字に根拠はあるのでしょうか?

「石の上にも3年」や「桃栗3年柿8年」など「3年」が入ったことわざがあるようにスキルや能力も習得するまでには時間がかかるということです。

しかし、この3年という数字に意味はなく、目安に過ぎません。

3年間耐えたところで次の職場がすぐに決まるわけでもないですから、3年にこだわる必要はないと思います。

今、自分が置かれている状況にもよりますが、客観的に見て今よりも良いところや自分が活躍できるところ、挑戦してみたい仕事がもしもあるならば早い段階で転職してみるのもアリです。

僕の経験上、転職をすると言うと周りの人たちは「3年は耐えないと…」とアドバイスしてくれるのですが、最終的に決断をするのは自分自身です。

もちろん社会人として、人として仕事を途中で投げ出さない「責任感」や「忍耐力」、また困難な状況や嫌なことからも逃げない「ストレス耐性」も大事な資質だと思います。

他の人の人生に無責任なことは言えませんが、別に新卒で入社した企業にこだわる必要はないので、転職したいと思ったら第二新卒で転職をして、また一から経験を鍛えていけばいいと思います。これはまだまだ若い20代だから許される特権です。

新卒との違いは?

ところで、第二新卒と新卒の違いは何でしょうか?

「就業経験の有無」を除いて、本質的に第二新卒と新卒には大きな差はないと思います。

どんなに在籍期間が短くても就業経験(=職歴)があるのが第二新卒です。しかし、就業経験があると言っても研修やOJTの期間を考慮すれば実際に配属先で仕事をしていた期間は短く、まだまだ一人前とは言い難いのが実情です。

「第二新卒」を転職でよく使われる言葉で表現するとすれば「経験不足」になってしまいます。現職の業務内容を第二新卒で転職する時には職務経歴書や履歴書で「職歴」として書かなければなりませんが、実際に経験不足ゆえに書けるような内容が少ない人も少なくないと思います。

結論を言えば、第二新卒も新卒同様にポテンシャル採用が主流になっています。

企業が第二新卒を採用する理由

次に、企業が第二新卒を採用する理由を考えてみます。

本質的に新卒と同じであるならば、あえて第二新卒を採用する必要もない気がしますが、実際はどうなんでしょうか。

メリット①:導入教育にコストがかからない

第二新卒は新卒と違い、新卒入社した企業で既に新入社員研修を受けているので転職先で新たに研修を受ける必要がありません。従って、企業からすれば研修にかかる費用を抑えることができます。

第二新卒は一般の中途採用者のように「即戦力」とは言えませんが、社会人として必要な基礎やビジネスマナーを身に付けているおかげで入社後すぐに現場へ配属させることが可能です。 一方、新卒は入社したら新入社員研修を受けさせなければならず、現場へ配属されるまでに1、2ヵ月、長いところで3ヵ月はかかってしまいます。

入社後は配属先でのOJTからスタートできるところが第二新卒の魅力です

メリット②:企業文化に染まっていない

一つの企業で長く経験を積むことももちろん大事なことですが、気付くとその企業でしか通用しないスキルや能力を鍛えており、他の企業では通用しない人材になってしまうことがあります。

その根幹にあるのが各企業が持っている企業文化です。

第二新卒は在籍期間が短く、長くても3年程度なので、ちょうど企業文化に染まり始める過渡期くらいの時期になります。

そのため、全く企業文化に染まっていない新卒と同じように柔軟性に富んだ人材と期待されるのです。

メリット③:4月を待たなくても即採用できる

新卒採用の場合、入社は4月と決まっています。

例えば、新卒採用で8月に内定を出すと、その人が入社してくるのは翌年4月です。さらに、最初の数ヵ月は新入社員研修となるので実際に現場に配属となるのは5月から7月となります。

今すぐに人材を確保したい企業からすれば、こんなにも長い期間待てません。その点、第二新卒は転職として扱われるので内定を出した月の早ければ翌月、遅くても翌々月には入社が可能です。

これは企業にとって大きなメリットです。若手社員が早期離職して今すぐにでも補強したいと考える企業には、新卒と変わらない若くて、他の企業文化にも染まっていない人材をすぐに確保できるのですからニーズがあるのです。

第二新卒という言葉に踊らされないこと

これから第二新卒として転職活動を進めると決意した人は、これから「第二新卒」という言葉に振り回されたり、踊らされたりしないように注意してください。

企業側も特別に「第二新卒」という枠を設けているわけではありません。第二新卒は他の中途入社希望者と比べて年齢が若く、経験がまだ乏しいが、これから大化けする可能性に秘めた人材に過ぎません。「君は第二新卒の条件に合うから第二新卒枠で選考をしよう」とか決めたうえで採用活動をしているわけではありません。

だから、転職するなら「第二新卒のうちがいい」とか「第二新卒ならば入りやすい」とか言う人材紹介会社や転職エージェントもいますが全く気にする必要はありません。

よっぽど今の環境に困っていないのであれば、別に焦ることなく、じっくりと転職活動を進めていけばいいと思います。僕自身も転職活動を始めて転職を決めるまで半年以上はかかりました。

最も不幸なことは転職に失敗し、再転職することです。転職回数だけが増えて、将来の自分の人生に影響を与えかねません。

最後に

今は終身雇用が崩壊しつつある時代です。

新卒で入社した企業というのは運命ではなく、偶然であり、ただ社会人をスタートさせる出発地点と考えればいいと思います。

そこからの道というのは会社側で一応は用意してくれていますが、別に用意された道を通らないといけないという決まりはありません。

今は自分次第で新しい道を切り開いていける時代でもあると思います。第二新卒をきっかけに色々と自分の人生について考えてみるのもアリだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です